アリアナ・グランデのニューアルバムは豪華プロデューサー陣のお墨付き!

2014年にリリースした「My Everything」が記録的大ヒット、国際的人気アーティストまで登りつめ、その可愛らしいルックスはもちろんのこと、ネクスト・マライヤ・キャリーとも謳われる歌唱力の持ち主であるアリアナ・グランデの4枚目のニューアルバム「Sweetener」の発売日が決定しました!

 

ニューアルバム「Sweetener」って?

▼リリース情報
アリアナ・グランデ(Ariana Grande)
アルバムタイトル「Sweetener」
8月17日(金)リリース予定
「No Tears Left To Cry」「The Light Is Coming feat. Nicki Minaj」を含む全15曲収録予定。

 

これまでにファーストシングルである「No Tears Left To Cry」と、プロモーショナルシングルとなるニッキー・ミナージュをフューチャリングした「The Light Is Coming feat. Nicki Minaj」をドロップしたアリアナ・グランデ。

 


No Tears Left To Cry

アルバムタイトルである「Sweetener」は直訳すると「甘味料」、また「(状況を)よくする」という意味もある。このタイトルについてアリアナは「ファンの気持ちに光をもたらすように、楽しくてスイートな気分にさせたかったから」と明かしています。

2017年5月22日イギリスのマンチェスターアリーナで起きた自爆テロ事件の一件の影響があるように感じました。

プロデューサー陣が豪華!

今回のアルバムのプロデュースを行ったのは以下の通り

  • Ariana Grande
  • Tommy Brown
  • Max Martin
  • Pharrell Williams
  • Ilya
  • Savan Kotecha

なんとも有名どころが名を連ねています。

トミーブラウン

まず、トミー・ブラウンはアリアナのデビュー作「Your Truly」から彼女の作品に参加しており「Be Alright」など様々な楽曲を手がけています。この楽曲は前作「Dangerous Woman」のファースト・プロモーショナルシングルでした。

実はもともとこの「Dangerous Woman」に向けたシングルとしては「Focus」という楽曲が先行シングルであったのですが、曲調が前作のヒットアルバム「My Everything」のテイストに似ていたことなどを理由にアルバムへの収録が見送られることになりました。(日本版には収録)

この楽曲のプロデューサーに参加していたのがマックス・マーティンでした。

 

マックスマーティン

ポップシンガーのヒットメーカーであるマックス・マーティンは、ブリトニー・スピアーズやテイラー・スウィフトなど様々なビッグアーティストの楽曲に参加しており、今回のファーストシングルである「No Tears Left To Cry」にも参加しています。彼の作る音楽の最近のトレンドは「同じフレーズを繰り替えす」ことで中毒性のある曲を作っているように感じます。この曲で例えるならサビ部分の

So I’m pickin’ it up, pickin’ it up (oh yeah)

I’m lovin’, I’m livin’, I’m pickin’ it up

の部分でしょうか。同じフレーズを繰り返すという手法を聞くと、どうしても西野カナを思い出してしまいます(笑

アートワークやミュージックビデオを見ていると上下左右がひっくり返っているような世界観がテーマのひとつなのかもしれません。

ファレルウィリアムズ

また、言わずと知れたファレル・ウィリアムズは、シンガーとしては、ソロ、グループ(N.E.R.D)と成功を納めており、プロデューサーとしてもアーティストのアルバム制作に関わり、名盤を輩出しています。彼の代表曲ですと映画「怪盗グルーのミニオン危機一発」の挿入歌だった「Happy」という曲がとても有名です。ちなみにこのミュージックビデオは一時間バージョン!同じ曲を繰り返しており、本当は24時間分もあるそうな笑

現在把握している限りですと、「The Light Is Coming feat. Nicki Minaj」に制作として、さらに「Blazed  feat. Pharrell Williams」という楽曲などアルバムの半数に関わっているようです。「The Light Is Coming feat. Nicki Minaj」は、再始動したばかりのN.E.R.Dの雰囲気を感じさせる癖のあるチキチキビートに仕上がったダンス曲になっています。

イリア・サルマンザデとサヴァン・コテチャ

イリア・サルマンザデとサヴァン・コテチャも前作のシングル楽曲である「Side To Side feat. Nicki Minaj」など多くのアリアナの楽曲を手がけており、テイラー・スウィフトの「Bad Blood feat. Kendrick Lamar」のリミックスや、エリー・ゴールディングの「Love Me Like You Do」などの様々な有名楽曲にも携わっています。

Bad Blood」のミュージックビデオは、テイラー・スウィフトの友人のセレブ達(セリーナ・ゴメスやエリー・ゴールディングなど)が豪華共演したことが話題となりました。また2016年のグラミーアワードのBest Music Videoにも入賞しました。

実はこの二人。アリアナとコラボが噂されているデュア・リパ(instagramで2ショット写真をアッ)が、この投稿と同時期に彼らのインスタグラムアカウントをフォローしており、「アリアナとデュアのコラボ楽曲誕生のキーマンなのでは?」という噂が浮上しています。

https://www.instagram.com/p/BeEwsG8lOPh/?utm_source=ig_embed

 

ニューシングル「God Is A Woman」

さて、実は8月のアルバムリリースに向けてセカンドシングルの発売も予定されているようです。

 

セカンドシングル「God Is A Woman

7月20日(金)リリース予定

 

曲のタイトルからするとビヨンセみたいな女性賛歌的な曲なのか?はたまたしっとりとしたバラードなのか?どんな曲に仕上がっているのかアルバム発売前からとても期待ですね!

引き続きニューアルバム「Sweetener」を深掘りしていきたいと思います!

続報をお楽しみに!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です