アン・マリーの新曲「2002」の歌詞は懐かしのあの曲達のフレーズから来ていた!

ヒットメーカーのクリーン・バンディット、ショーン・ポールとの「Rockabye」や覆面DJマシュマロとの「Friend」など、人気アーティストとのコラボが今話題になっているアン・マリー。今最もUKで愛される女性シンガーのニューアルバムからユニークな歌詞の最新シングル「2002」をピックアップ!

アン・マリーはイギリス出身の空手歌手?

幼少期から歌やダンス、演技などショービジネスのレッスンを受けてきたアン・マリーは、9歳の頃から空手も開始。その空手の腕はなんと、イギリス国内の大会だけでなく、国際大会でもチャンピオンに輝いたことがあるそう。

https://www.instagram.com/p/BFuDBm4hjRN/

 

そんな彼女は「Karate」というタイトルの楽曲でデビューするほど空手は思い出深いものなのでしょう。

ヒット曲はどんな曲?

アン・マリーのヒット曲といえば、201610月にイギリスのエレクトロニックグループ「クリーン・バンディット」とショーン・ポールとのコラボ曲である『ロッカバイ / Rockabye』が挙げられます。「ロッカバイ」は全英シングルチャートで9週連続首位、その他20カ国以上でも週間ランキング1位を記録しました。

20172月にリリースしたラテン調の「Chao Adios」も好調で全英9位を記録しています。アン・マリーの楽曲イメージについては、ロッカバイとチャオアディオスの印象がとても強く、筆者としてはレゲエやラテンといったジャンルの歌手という感覚でした。

 

新曲「2002」はエドシーランとの共作!

10年近くの旧友だというエド・シーラン(Ed Sheeran)と一緒にアン・マリーが書き上げた青春時代のラブソング「2002」。エドはアンに対してSNSで「2002をリークしちゃいなよ」、「みんなが求めているんだ、ハッピーにさせてあげて」、「2002をリークせよ」、「アルバムの前に2002をこっそりリークすべきだと思う。」など猛烈プッシュ!そんな声に押され「2002」がアルバム前に急遽リリースことになりました。

 

懐かしの曲のフレーズがいっぱい!

2002」のサビ部分にはブリトニー・スピアーズの「ベイビー・ミー・ワン・モア・タイム」、イン・シンクの「バイ・バイ・バイ」、JAY-Zの「99プロブレムズ」、そしてネリーの「ライド・ウィズ・ミー」の歌詞の一部が織り込まれています。90年代に育ったアン・マリーの当時の思い出や聴いてきた音楽にオマージュを捧げた楽曲となっています。

 

いかかがでしたでしょうか!ユニークなプロフィールと遊び心ある性格がなんともキュートなアン・マリー。これからの活躍に目が離せません!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です