アリー/スター誕生にも本人役で出演!ホールジーの魅力を深掘り!

前回の投稿でも紹介したBradley Cooper(ブラッドリー・クーパー)監督でLady Gaga(レディー・ガガ)が出演する映画「アリー/スター誕生(洋題:A Star Is Born)」に本人役として出演しているHalsey(ホールジー)の魅力について、今回は迫ってみようと思う。

ホールジーは芸名!本名は?

ベリーショートで切なさを感じさせるボーカル。ダンスミュージックとゴシックロックを織り交ぜたような音楽が特徴のホールジー。実はホールジーという名は、芸名であり、本名はAshley(アシュリー)。彼女の芸名の由来は、ブルックリン区のニューヨーク市地下鉄ホールジー・ストリート駅と本名のAshleyのアナグラムになっている。

ザ・チェインスモーカーやジャスティンともコラボしていた!

2015年、Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)の4枚目のアルバム「Purpose」に収録の「The Feeling」に客演。2016年、The Chainsmokers(ザ・チェインスモーカーズ)の「Closer」にも客演し、アメリカとイギリスを含む国別チャートで首位を獲得。2017年、2枚目のスタジオ・アルバム「Hopeless Fountain Kingdom」では初のアルバムチャート首位を獲得しており、今注目の女性アーティストである。

ホールジーの人気曲は?

有名アーティストに客演することが多い印象だが、彼女の2枚目のアルバム「Hopeless Fountain Kingdom」も首位を獲得しており、彼女自身の曲ももちろん人気が高い。

2014年にリリースしたEP「Room 93」ではダンスミュージックにゴシックロックを織り交ぜて独特の世界観を演出している。

日本人のナレーションから始まる「Ghost」のミュージックビデオの舞台は日本となっている。

Colors」「New Americana」はファーストアルバム「Badlands」収録。ちなみにこの「New Americana」。個人的にはLana Del Reyの「National Anthem」にすごく似てると思うんだけど、いかがです?笑

アルバム首位を獲得した「Hopeless Fountain Kingdom」には、「Now Or Never」や、USチャートで5位を記録したヒット曲「Bad At Love」など、聴き心地の人気曲が収録されている。

恋愛関係にあったラッパーのG-Easyとコラボした「Him & I」も独特の世界観が感じられる一曲だ。

UKチャートで首位を記録したアメリカの音楽プロデューサーBenny Blanco(ベニー・ブランコ)とシンガーのKhalid(カリッド)とコラボした「Eastside」も忘れてはいけない。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です