あなたの背中を押してくれる洋楽は何?名作洋画テーマ曲から探す勇気が出る最強楽曲たち!

 

先日、クイズ番組を見ていたら、「今から20年前の1999年にヒットした映画ランキングの中で当時興行収入が第1位だった映画は何か?」という問題をやっていました。

 

 

(うーん、タイタニックかマトリックス?)

 

と、心の中でつぶやいてはいたんですが、

 

 

 

正解は「アルマゲドン」と、見事に外れてしまいました。

(ちなみにタイタニックは1997年公開、マトリックスは1999年公開ですが、興行収入は3位でした。)

 

 

そもそも「今から20年前に「アルマゲドン」が公開されたのかぁ」となんだか心なしか寂しく感じた瞬間でしたが、

 

そんな「アルマゲドン」は映画もさることながら、エアロスミス(Aerosmithがテーマ曲を歌うI Don’t Want to Miss a Thingが、バンド史上初となる全米シングルチャートで1位(Billboard Hot 100)を獲得MTV Video Music Awardsでは「ベスト・ビデオ・フロム・ア・フィルム」を受賞するなど、こちらも世界的大ヒットとなりました。

胸に刺さるような切ないメロディ、勇気をくれるような力強い歌声が特徴の名曲です。

「巨大隕石による地球滅亡から世界を救う」という壮大なテーマの「アルマゲドン」に合わせてか、去年の始めにはカップヌードルが「巨大隕石が地球に衝突しようと、若者たちの青春は誰にも奪うことができない」という、こちらも同じく壮大なメッセージを込めたCMの楽曲としてI Don’t Want to Miss a Thingが起用されました。

 

 

映画のテーマ曲は、その映像の魅力を最大限に引き出してくれるだけでなく、時に映画の主人公に自身を投影し、リスナーに勇気をも与えてくれる力を持っています。

 

 

さて、そんな今回は、「勇気を与えてくれる映画テーマ曲たち」を紹介したいと思います。

 

This Is Me / キアラ・セトル(Keala Settle)

ヒュー・ジャックマン(Hugh Jackman)主演で、2017年に公開後大ヒットした伝記・ミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン(原題: The Greatest Showman)』から。

「これが私!」と自分自身を肯定するかのようなThis Is Me。劇中では、見た目に明らかに違和感のあるフリークショー(見世物小屋に相当)に出演するキャストたちが、疎外感を感じている自分たちを鼓舞するシーンで流れました。ちなみに、今作の音楽を手がけるのは、『ラ・ラ・ランド』で歌曲賞を受賞したベンジ・パセック(Benj Pasek)&ジャスティン・ポール(Justin Paul)のコンビ。

Wild Heart / ブリーチャーズ(Bleachers)

2015年公開の「ジュラシック・ワールド」にも出演、現在23歳の若手イケメン俳優ニック・ロビンソン(Nick Robinson)が主演のLove, サイモン 17歳の告白(原題:Love, Simon)』の劇中歌。

2018年公開でLGBTをテーマにした本作は、同性愛者であることを誰にも言えずにいた主人公サイモンが通う高校の学校裏サイトで、ある日自分と同じように自身のマイノリティーを隠した生徒がいる、という噂を知ることになります。気になるサイモンは、暴露記事に記載されたメールアドレスから、彼にメッセージを送信。ゲイを隠す二人の高校生の密かなやりとりが始まる…という内容。「Wild Heart」は、そんなマイノリティの彼が前向きに自分の人生を切り開こうとする姿をイメージした勇気溢れる楽曲となっています。

ちなみに、本作を多くの人々に鑑賞してもらいたいという思いから、俳優のジェニファー・ガーナー、ニール・パトリック・ハリス、マット・ボマーらが自費で映画館を貸し切り、本作の無料上映会を開催したそう。

 

Step Out / ホセ・ゴンザレス(Jose Gonzalez)

2013年に公開、ベン・スティラー監督・主演で描くドラマファンタジー映画『LIFE!(原題: The Secret Life of Walter Mitty』。

夢を諦めた平凡で空想癖のある主人公が、ひょんなことから日常生活を飛び出し、世界中を巡る旅を繰り広げる様子をファンタジックに映し出すストーリー。主題歌のStep Out」は映画の壮大なビジュアルや、主人公のたどる奇跡のような旅に見事にマッチした感動の楽曲になっています。

ちなみに、本作の吹き替え版では、主演のウォルター役をお笑い芸人の岡村隆史が演じています。

 

Born Slippy(Nuxx) / アンダーワールド(Underworld)

『スラムドッグ$ミリオネア』などのダニー・ボイル監督が、アーヴィン・ウェルシュの小説を映画化した1996年製作のイギリスの異色青春ドラマ『トレインスポッティング(Trainspotting)』。

ドラッグ中毒の主人公と仲間たちのハチャメチャな日々をスタイリッシュな映像で活写。今や大スターとなった若き日のユアン・マクレガー(Ewan McGregorが主演を務めており、『ビザンチウム』などのジョニー・リー・ミラーらが共演。イギリスをはじめ世界中が熱狂したポップな感性が魅力のおしゃれ映画の決定版!また、映画のラストシーンに使われたBorn Slippy/Nuxxがきっかけとなり、この楽曲を手がけたアンダーワールド(Underworld)は、メジャー音楽シーンでもその名前が知られるように。Born Slippy(Nuxx)」は彼らの出世曲になりました!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です